何もない。

ただ、何もないということが、そこにある。

社会ってものは概念でしかない。

自分が「あの人ってこんな人だな」って思ったら、あの人はそうなる。

自分が「社会ってこんなもんだ」って思ったら、それがそこに存在する。

自分が「こうあるべきだ」って思ったら、そうじゃないことに腹を立てる自分がいる。

「自分はこんな人です」って言ったら、あなたはそう思う。

「自分はあの人が嫌いです」って言ったら、あなたにとってあの人が嫌いなわたしになる。

本当は何もない。

自分がそう思うだけ。

あなたがそう思ってるってわたしが思うだけ。

何もない。を知らずに育った人への手紙

2021.01.19


社会構成主義を考えていた大学三年生の自分。

ナイスバーはこの思想から生まれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です