マーケティング業界において、必須とも言えるのがペルソナの設定です。

しかし、必須と言われているにも関わらず、ペルソナを実践していない会社もあります。

なぜなら、ペルソナについてハッキリと理解できておらず、重要性を感じていないからです。

また、ペルソナを聞いたことはあっても、やり方を知らない経営者様もいます。

そこで本記事では、ペルソナの概要から設定のやり方を分かりやすくまとめました。

ペルソナとは

ペルソナとは、商品やサービスを提供する上で重要かつ象徴的なユーザー像のことを指します。

実際には存在しませんが、あたかも実在するかのように架空の人物を設定します。

名前や年齢、血液型、趣味など、1人のキャラを作るかのごとく細かく設定するのが特徴です。

例えば、以下のように項目を設けます。

  • 氏名
  • 性別
  • 年齢
  • 家族構成
  • 血液型
  • 職業
  • 年収
  • 趣味
  • 住んでいる地域
  • 特技
  • 休日の過ごし方

元々は、古典劇で役者が使う仮面のことを指していましたが、スイスの心理学者カール・グスタフ・ユングが「人間の外的側面」と派生したことから、現在のマーケティングで使用され始めました。

ターゲットとの違いは?

ペルソナと同時によく使われる用語で、ターゲットと呼ばれるものがあります。

ペルソナとターゲットは混同されることが多いですが、2つの意味は異なります。

まずペルソナは、先ほども解説した通り年齢や職業など、事細かに設定します。

一方、ターゲットは「30代の独身男性」、「埼玉県に住む20代の女性」といった感じに、漠然と決めるだけです。

一見、同じように思えますが、ターゲットはあくまでもざっくりと決めるだけなので、中々顧客のイメージが掴めません。

ですから、最初にターゲットを定めて、その後ペルソナ設定で深掘りしていくというイメージでしょうか。

ペルソナを設定する4つのメリット

ペルソナ設定で人物像を具体的にすることで、どのようなメリットを得られるのでしょうか?

本段落では、4つのメリットを解説いたします。

顧客のニーズを理解できる

顧客像を細かく設定する内に、ユーザーのニーズを理解することができます。

同時にユーザー視点で物事を見られるようになるので、商品・サービス開発時の「どうすれば購入したいと思えるか?」、「どうアピールすべきか?」など、訴求ポイントが明確になります。

結果、顧客が求める商品・サービスの開発に成功します。

目標が定まりやすくなる

顧客像が曖昧だと、中々目標が定まりません。

例えば、同じ性別・年齢の人でも、趣味や生活スタイル、価値観は異なります。

そのため、どういう商品・サービスを展開すれば良いのかで混乱してしまいます。

しかし、事前に顧客像を決めておけば、目標が一本化されて商品・サービス開発の効率化を図れます。

顧客像が統一!他の社員とズレが生じない

「30代の独身男性」とターゲット設定しか行っていないと、考えにバラつきが生じます。

例えば、Aさんは「30代の独身男性、趣味はゲーム」に対し、Bさんは「30代の独身男性、趣味はドライブ」というイメージです。

このように、社員の間で考えが異なると、意見がまとまらずに余計な時間を消耗します。

しかし、ペルソナ設定により顧客像が統一されれば、他の社員と考えのズレが生じるのを避けられます。

無駄な時間をカットできる

ここまで解説したメリットの内容から、ペルソナ設定をすることで業務の内容も効率化されます。

無駄な時間をカットできるので、他の業務に時間を割くことができます。

ペルソナ設定のやり方は?作り方のコツを解説します

ペルソナ設定の際に、よくやりがちなのは、先入観や思い込みで人物像を決めてしまうということです。

細かく設定することは大事ですが、適当に決めたところで意味はありません。

そうならないためにも、ペルソナ設定の正しい作り方を抑えておきましょう。

情報収集を行う

まずは情報収集から始めます。

お客様のインタビューやアンケート、社内データの分析、SNSを使ったアンケート調査など、いずれもお客様の生の声が反映されたものです。

生の声ほど役に立つものはないので、ペルソナ設定をするときは、色々な方法から積極的に情報収集を行いましょう。

集めたデータを整理する

データを集めたら、膨大な数の中から整理します。

例えば、「30代男性に共通する生活スタイル」と用途ごとに洗い出し、少ない回答は切り捨てて多い回答を取り入れていくというイメージです。

そうすることで、集めたデータがコンパクト化されて、ペルソナ設定がやりやすくなります。

ペルソナに当てはめていく

データの分類が完了したら、最後はペルソナを作っていくだけです。

プロフィールから生活スタイルなど、様々な項目を設けて細かくまとめていきます。

以下、完成例です。

  • 氏名:田中 太郎
  • 性別:男性
  • 年齢:32歳
  • 家族構成:28歳の嫁
  • 血液型:A型
  • 職業:システムエンジニア
  • 年収:450万円
  • 趣味:景色の撮影
  • 住んでいる地域:京都府京都市
  • 特技:暗記力が高い
  • 休日の過ごし方:家で読書をするか、山や海までドライブに行って写真撮影をする

まとめ

商品やサービスを展開する以上、どうしても売上を出すことに目が行ってしまいがちです。

しかし、売上を出すには顧客の存在があってのことなので、常に顧客ファーストの姿勢でいなければなりません。

そのためにも、まずはペルソナ設定から試行錯誤をし、自社のターゲットとなり得る顧客のことを理解しましょう。

本記事で解説したペルソナ設定の作り方が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です